住宅ローン契約の流れと審査!購入額と返済計画は慎重に【bgpropertiesforall】

住宅ローンの流れと審査について紹介しています。また住宅ローンの危険性についても当サイトでは情報を発信しています。 -

住宅購入の助けとなる住宅ローン。
住宅ローンを契約するためには審査に通過する必要があります。
審査に通過できなければ住宅ローンを契約する事はできません。

金融機関によっても異なりますが、多くの場合が事前審査と本審査という2種類の審査を用意しています。
事前審査は金融機関が審査を行い、本審査は保証会社が審査を行うというのが一般的です。
事前審査は住宅ローンを契約する金融機関が行います。
その際に審査されるのは本人の返済能力が中心になります。
収入や勤務先、勤続年数、個人の信用情報、借り入れ希望金額などから審査をお濃なります。
この事前審査は住宅を購入する前の段階で行われるので、住宅ローンの契約を検討している場合にはまずこの事前審査を受ける事になります。
そのためどのくらいの住宅を購入するつもりかはある程度住宅ローンシミュレーションをしておく必要がありますし、それによって審査の内容も変わってきます。
事前審査に通過する事ができれば、本審査を受ける事になります。
本審査は多くの場合保証会社が行います。
基本的には事前審査に通過すれば本審査にも通過する事ができますが、条件が違うので100%通過する事ができるという事はありません。
場合によっては本審査に落ちてしまって住宅ローンを契約できないという事もあるでしょう。
事前審査を行っている金融機関は多く存在します。
そのため複数の金融機関に事前審査を申し込む事ができるようになっています。
もし一つの金融機関で審査に通過する事ができなければ、他の金融機関に申し込んでみるというのがいいでしょう。

オーバーローンという状況になってしまう危険性

住宅ローンの契約の際には、住宅ローンが破綻したらどうなるか、という事まで検討しておく必要があります。
住宅ローンが破綻した場合、オーバーローンという状況になってしまう危険性がある事を理解しておきましょう。

オーバーローンとは住宅ローンの残高が住宅売却額よりも大きくなっている状況になります。
つまり住宅を売ったのに住宅ローンは残ってしまうという事です。
住宅ローンが破綻したときに限らずやむを得ない事情で住宅を手放す場合にも、このような状況になる可能性がある事を理解しておきましょう。
どうしてオーバーローンのような状況が発生するのかというと、住宅購入額における借入額の割合が大きい事が原因になります。
住宅購入額のほとんどを住宅ローンによってまかなっている場合には、住宅の価値が落ちるとその分だけオーバーローンの危険性が高くなります。
自己資金を多くして借入金を少なくすると、オーバーローンを防ぐ事ができます。
日本では中古住宅市場が活発ではありません。
そのため時間が経つにつれて住宅の価値はどんどん下がって行きます。
返済のスピードよりも住宅価格下落のスピードの方が速い場合には、オーバーローンになる事もあるでしょう。
オーバーローンの状態になる事を防ぐためには、やはり自己資金を多く用意し、頭金として多くの金額を払う事が重要になります。
自己資金が少なければ少ないほど、オーバーローンになる可能性は高くなると考えておきましょう。
他には住宅ローンの繰り上げ返済を効果的に利用する事によって、残高を減らして行くという方法もあります。
オーバーローンになると住宅を手放したのに住宅ローンは残ってしまうという事になります。
そんな事にならないようにしっかりと自己資金を用意しておきましょう。


Copyright(C)2014 住宅ローン契約の流れと審査!購入額と返済計画は慎重に【bgpropertiesforall】 All Rights Reserved.